人気ブログランキング |
夏はしゃりしゃりアイスの季節
f0228112_6564380.jpg

子供だった昔、小倉のダイエーで初めて飲んだ、しゃりしゃりコーラ飲料。
太っといストローで一気に飲む。
ずずずずっと吸い込むと・・
こめかみが、いきなりキ~ンとなる。

以来、この刺激にはまった(笑)

ここのところ、こういった氷系のアイスを食べてます!
昨日は、サクレという変な名前のレモンアイス。
フタをあけるといきなりレモンの輪切りがあり食べにくい・・・

スムージーは、シャーベット状の飲み物。
クラッシュドアイス(砕いた氷)を使用したフローズンドリンクやフローズンカクテル、やわら
かいアイス状のシェイクなどにも似ているが、こちらは材料そのものを凍らせて使用する
らしい。夏はついつい、〇〇〇スムージーというドリンクを注文してしまう。

ところが、飲んでみると単なるヨーグルトドリンクだったりしてがっかりすることもたまにある。
上品なレストランでたのめば、失敗することが逆に多い(笑)。

シンガポールの空港で飲んだマンゴースムージーは当たりだった。
それこそ、スポンジに水がじゅんじゅん染み込んでいくように、乾いたからだがキ~ンと冷えた!
# by season-bridal | 2010-07-25 07:47 | 日々
夏を貯金
f0228112_231381.jpg

  くらくらするくらい暑いけど
  夏はいい!

  青い空に 青い海
  夏らしいものをたくさん目に焼き付ける

f0228112_23155650.jpg

  もしも、病気になって
  そしてベッドから出られなくなったら・・

  楽しかった夏の思い出を
  ちょっとずつ 
  取り崩して楽しもう
# by season-bridal | 2010-07-24 23:23 | 日々
北欧(ストックホルム&コペンハーゲン)
f0228112_1092663.jpg

2010年5月28日~6月3日(7日間)
北欧のストックホルムに3泊、そしてコペンハーゲンに3泊の旅をしたのはO夫妻。
まずは街の印象は、ストックホルムは静かなカンジ。
コペンハーゲンは賑やかだった。
白夜なので午後10時くらいまで街歩きができる。
ただ、気温がかなり低くて寒かった。

とにかく街がかわいい。

たった2人であっちこっち行ってみた。
f0228112_956197.jpg

地下鉄に乗ったり、フェリーに乗ったり。
フラリとたくさんの店に入った。
食事は・・・なんとなく口にあわなかったけど、ストックホルムもデンマークもあと一日
ずつは多めに滞在したかった。
f0228112_958243.jpg

ホテルはコペンハーゲンのスクエアが印象的。
コペンハーゲンはコンパクトな街。
デンマークカードがなくても不自由しなかった。
f0228112_1004596.jpg

# by season-bridal | 2010-07-24 10:11 | お客様の声(新婚旅行)
海外挙式のメリットとデメリット
f0228112_39646.jpg

海外挙式のメリット
挙式とハネムーンが一緒に出来るので経済的で、挙式とハネムーン、どっちにも計画的にプラ
 ンを練ってこだわれる!! 
②国内で挙式するよりも海外の方が、いろんなしがらみもなく気楽で、手続き的にも簡単です。
 旅行のオプションのような感覚で準備は進みます。
③基本的に身内のみの招待客が多いので、何度も衣裳を着替える必要がなく安くつく。
④本物の自然のそばの美しいロケーションでの挙式。
 ビーチなどでのフォトツアーや式場でバッチリ写真が撮れるので、日本で行う前撮りなどの無駄
 な出費が不要になります。
家族での一生思い出に残る旅になる。
 結婚すると家族で旅行する機会なんてそうそう持てないので、とても良い思い出になります。
 例えばバリで、プライベートヴィラを家族で完全に貸し切ってしまえば、ホテルでは味わえない贅沢
 な時間を過ごせます。
⑥見ず知らずの沢山の現地の方、旅行者の方にも祝福してもらえる。
 ホテルの従業員さんや、観光客に歓喜の表情で見送られたら・・・それはそれは感動します。
⑦本物の牧師さんやシンガーの歌声に式が断然格調高くなる。
 例えばハワイであればアカペラの良く通る声で歌われるハワイアンウエディングソングは間違
 いなく感動します。

海外挙式のデメリット
①本番の晴れ姿を沢山の人に見せられない。(帰国後パーティーでDVDを披露で解消)
②海外未経験の親を連れて行ってツアコンをやる羽目に。(これは私自身の体験。現地のコーディネート
 をお願いしておけば解消)
③ 会場の下見とレセプションの食事の試食ができない。
  ここのレストランはおいしい・・・とか(笑)非常にアバウトな評価しか得られない。
  たまに日本人の口に合わない料理がでてしまうという決定的で笑えない事態も発生する。

【ポイント】
衣裳をどうするかをしっかりと決めることが大切です。
これはハワイで挙式を経験した私の経験ですが、キチンとを計画せずに現地で安易にドレスを決めよ
うとすれば失敗します。

とにかく衣裳はこだわればどこまでも高くなってしまうので・・・
最近では、リーズナブルなオーダードレスもあるので、帰国後に再度リターンパーティーを計画する
ならオーダーでつくってしまという方法も賢い選択だと思います。
# by season-bridal | 2010-07-20 03:02 | 海外ウエディング
Y夫妻 エアーズロック・ケアンズ9日間
f0228112_2010378.jpg

●出発日: 2010年3月27日 
●旅行期間: 9日間
●ホテル(エアーズロック)アウトバックパイオニアホテル
     (ケアンズ)インターナショナルパシフィックホテル
●旅行形態(受注型企画旅行/個人旅行)
 
Q:今回はパッケージツアーではなく個人旅行でしたが、良かった点と悪かった点について教えて
  ください。
A:あわただしいスケジュールではなく自分たちのペースで旅行できた点が良かったです。
  イースターホリデーにぶつかってしまい予定を変更した点が悪かったです。

Q:一番思い出に残った場所、また一番素敵だった景色はどこですか?
A:エアーズロックに登頂できたことが一番の思い出です。エアーズロックのサンセット
 ( ワインを飲みながら )はとても良かったです。

Q:予想外に良かった場所、また期待していたより残念だった場所があればお聞かせください。
A:カジノの上にある(ケアンズ)トロピカルズが小さいのにたくさん動物がいて意外に1日楽しめました。
 残念だったのはキュランダです。雨が降っていたことが不運でしたがツアー料金と内容はみあわない
 と思います。

Q:現地で一番おいしかったものは何ですか?
A:現地でしか食べられないカンガルー・ワニ肉は美味しかったです。オージービーフも日本で食べる
 よりやわらかいと思いました。

f0228112_20271857.jpg

f0228112_20273597.jpg

f0228112_20572449.jpg

# by season-bridal | 2010-07-16 06:20 | お客様の声(新婚旅行)
ソウェト
f0228112_22572358.jpg

ソウェトとは、Soweto = South-Western Townships の略。
ヨハネスブルグ南西にある、南アフリカ最大の黒人居住区で、東京23区ぐらいの大きさに、
推定200万人に人達が住んでいる。ここにかつては、ネルソン・マンデラ氏,氏の前妻ウィ
ニー,ツツ大司教も住んでいた場所として知られる。

f0228112_2335017.jpg

黒人学校では、かつてアフリカンスというオランダ語が元になった白人言語で、
強制的に学ばされ、その言葉で話すことを強要された。

1976年6月16日、南アフリカの黒人居住区で学生による大規模なデモ「ソウェト蜂起」、
そして大量虐殺事件に発展した。貧困とか同じ人間同士が肌の色の違いだけで差別され
た悲しい歴史。

ソウェト蜂起のモニュメントに立った。
アパルトヘイトがなくなっても何も変わらないという現実は今もそのまま。
f0228112_2341632.jpg

# by season-bridal | 2010-07-15 22:56 | 旅行記
瞬間を消費する旅
f0228112_22321365.jpg


   生活は生きていくためのもので、冒険はチャレンジ!

   その冒険を、民間人が乗れる戦闘機に乗って叶える場所がケープタウンにある
   ここは、マッハの世界を体験できる世界でもまれな民間航空会社サンダーシティ。

   上空15,000m・・・「世界の果て」と呼ぶにふさわしいこの場所まで行けば青く光る地球
   の丸みが目で確認できるという!

   この戦闘機の速さは、音速を超える時速約1200Kmで、東京-大阪を25分で飛ぶほど。
   お値段は性能の違い(スピードなど)で3種類あってそれぞれ$3500-$9000程度。
  
f0228112_22301946.jpg

f0228112_2227723.jpg

# by season-bridal | 2010-07-14 06:50 | 旅行記
アフリカ色のハンドメイド
f0228112_21555565.jpg


ケープタウンの街はアートの街。
ゲイ・レズビアンが多く、感覚的な色彩が街のいたるところに溢れていました。

f0228112_21563359.jpg
f0228112_21574672.jpg

# by season-bridal | 2010-07-13 06:47 | 新婚旅行
ワインランドへ
f0228112_2132232.jpg

南アフリカ共和国・西ケープ州は、ワインの生産で有名。
ワイン農園が広がる一帯は、ワインランドと呼ばれています。

中心となるのはステレンボッシュ、パール、フランシュフックの3つの街で、周辺には
たくさんのワイナリーがあり、見学や試飲、ランチが楽しめます。

ワインランドへはケープタウンから車で30分程で行くことが出来ます。
南アフリカには約300軒のワイナリーがありますが、その内約200軒がワインランド
に集中しています。

アフリカをハネムーンの地に選ぶとしたらセカンドハネムーンでしょうか。
少し落着いたペースでゆっくりと景色とワインを楽しむなんて理想の過ごし方です。
f0228112_21322698.jpg

f0228112_2133845.jpg

f0228112_21333159.jpg

# by season-bridal | 2010-07-12 06:46 | 新婚旅行
ヨットが優雅に停泊するホテル
f0228112_2124614.jpg

海抜1087mのテーブル・マウンテンによって冷たい南風(南半球だから)を遮ってくれるおかげで、
ケープタウンは良港となりました。

「ケープ・グレイス」は、ウォーターフロント地区のなかでも閑静なヨットハーバーに直結する絶好の
立地。 ちょうどヨットやクルーザー越しに、テーブル・マウンテンを望める環境です。

テラスからの眺めが素晴らしかった。
目の前には、穏やかなマリーナ。
そして、背後に見えるバターナイフで切断したような真平らなテーブルマウンテンの稜線!!

f0228112_21132957.jpg

f0228112_21142022.jpg

# by season-bridal | 2010-07-12 06:40 | ホテル