<< 「冒険」と「探検」の違い H夫妻 ディズニークルーズ&デ... >>
H夫妻 ディズニークルーズ&ディズニワールド【3】
ディズニードリーム号は3隻目のディズニーのクルーズ船。他の船よりずっとビッグな12万8千トン。
今年1月就航したてのビカビカ☆のクルーズ船です。全長1115フィート、全幅125フィート、乗船
定員4000人、客室数は1250室。アクア・ダックという海上にせり出した透明のチューブの中をゴム
ボード状の乗り物で滑り降りる世界初の船上ウォータースライダーがあります!上り坂の加速や川
の急流のように回転しながら船のデッキ上を横断します。<ついつい楽しくて、3回も乗ってしまいま
した(*^_^*)!!>


【2011年2月5日】オーランドから車で約1時間の ポート・カナベラルへ。今日は待ちに待ったディズ
ニークルーズの乗船日!期待を胸にピカピカ☆の船で4泊5日のカリブ海への夢のクルーズのスタ
ートです。


いよいよ乗船です!!
胸が高鳴ります♥♥


船の外観のカラーはミッキーマウスに合わせて、黒のボディ、赤の煙突、黄色のストライプです。
ディズニーキャラクターのシルエットがオーナメントに描かれています。内観はディズニーのタッチ
が効いたアート・デコ調の気品の溢れたものとなっていて、マジカルな船旅はアトリウム・ロビーから
スタートです☆豪華な階段、巨大な窓、3階分の高さもある彫刻が施された柱、ドナルド・ダックのブ
ロンズ像もお迎えしてくれました。

部屋はベランダ付きのオーシャンビュールーム。船の中とは思えない豪華なつくりで、まるでホテル
の中のようでした!

シャンプーやコンディショナーもディズニー仕様。細かいところもよくつくり込まれているDREAM号
の完成度の高い世界観に感動してしまいます ..♥


ディズニークルーズ・ラインの船内は、まるで動く豪華リゾート。
ディズニーの夢がいっぱい詰まっています!!

シアターで繰り広げられるライブショーは最新鋭の照明や音響効果で、ディズニーのキャラクター
を交えたブロードウェイスタイルの本格的ショーが1日2回公演されディナーの時間の早い人は食事
の後、遅い人なら食事の前にショーを見ます。

船内ではナイトクラブやラウンジなど大人のための施設も多彩で、飽きることなく楽しい時が過ごせ
ます。海上の開放感が感じられるデッキではカリビアンな音楽と共にデッキパーティーが始まり、
クライマックスでは、キャラクター達も登場してパーティーを盛り上げてくれました。


夕食は以下の3つのレストランで本格的なシーフード料理からトロピカル料理まで、多彩に楽しむこと
ができました☆彡

 ●アニメーターズ・パレット(Animator's Palate)
 ●ロイヤル・パレス(Royal Palace) 
 ●エンチャンテッド・ガーデン(Enchanted Garden) 


パーソナル ナビゲーター(Personal Navigator)は、毎晩、部屋に届けられるディズニークルーズ
のスケジュール表です。毎晩、寝る前に翌日のスケジュールをチェック!

英語ビッシリだけど、その日のショーの説明、エクスカーションの集合場所と時間、各施設の営業時間
と場所の案内などが、裏面にアクティビティのタイムテーブル(説明なし)が記載されています。

各アクティビティの内容については、初日に渡される説明つきの一覧で確認しなければなりません。
その日のナビゲーターを受け取ってから、のんびりアクティビティを品定め。

これは、ちょうど新聞みたいなもので、各ステートルームに毎日夕方頃、翌日のナビゲーターが配ら
れます。これをみて、何時にどこで・・・・って感じで、翌日の行動計画をじっくり練る!ということになります。


太陽が水平線に消えたら、ナイトライフがはじまります。クルーズのために用意されたディズニーの新作
のミュージカルは、船上でしか観ることができません!!1340名まで収容するシアターはオーケストラ
シートやバルコニーシートなどを含む3階建てで、働きすぎの父親が、"ディズニーマジック"の力で娘と
の絆を取り戻し人生で大切なものを学ぶ、『ディズニー・ビリーブ』。そして、『ゴールデン・ミッキー ア・タ
イムレス・トリビュート』。そして、『ビランズ・トゥナイト!』は、ディズニー・ビランズ(悪者)の意地悪な世界
をコミカルに描きます。ディズニービランズが初めて主役となるミュージカル。ヘラクレスのハデスが意地
悪で楽しい音楽に合わせて下界の悪者たちを呼び起こします。他にはアラジンのジャファー、リトルマー
メイドのアーシュラ、白雪姫の女王、ピーターパンのキャプテン・フックやライオンキングのスカーも登場
します。

今宵はフォーマルナイト☆彡
ぐっとドレスアップしてディナーです♪

食事はレストラン毎にメニューの中から自分で選べるので、結構、肉食してしまいました。( ^)o(^ )。
レストランの他に、いつでも利用可能なピザステーションやハンバーガーステーション、ドリンクステー
ションなどもあり、いつでもお腹いっぱいの状態でした。(笑)

夜のディナータイムの前後には、その日のドレスコードに合わせたコスチュームでディズニーキャラクタ
ーがグリーティングに登場です。ミニーもおめかしして登場!(一緒に記念撮影です。)


もし、バルコニー付きのキャビンに泊まったら…
絶対おすすめなのはどんなことでしょう?
それは朝食をバルコニーで楽しむこと☆

誰の目も気にすることなく、バルコニーでルームサービスの朝食やブランチ。なんて贅沢な時間なので
しょう!!
ルームサービスは24時間対応。
オーダーすれば20~30分で持ってきてくれます。

朝食メニューは7:00am~10:00amで、
ジュース シリアル パン 飲み物 のコンチネンタルだけど・・・

ベランダで過ごす朝のひととき。360度の大パノラマ。陽光と共にさわやかな風を体に感じられます。
心も体も、どんどん満たされていきます。


ディズニークルーズは、海上のテーマパーク!
もちろんミッキーとその仲間たちにも沢山会えます。
ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ&デール、リロ&スティッチ、
プリンセス…etc.

パークよりも沢山のディズニーキャラクターに会うチャンスがいっぱいです(^-^)

会うチャンスがあるだけではないんです。
ミッキーたちと一緒に写真を撮って、サインを貰って、ダンスだって踊れます・・・なにせ同じ船に乗り
込んでいるのですから(^O^)v

【2011年2月7日】バハマ諸島『ナッソー』に寄港。
ナッソーから約5kmの美しいラグーンでイルカに会う日☆彡


イルカと遊ぶドルフィンエンカウンターは、映画「スプラッシュ」の撮影場所としても知られています…


いよいよカリブのイルカとの遭遇☆彡
ドルフィンエンカウンターは腰まで水に入り、イルカに触れたり、餌をあげたりと短時間でイルカと戯れる
ことのできるプログラムです。船内で集合して受付をして一緒にイルカのいるプールのような場所で次
の体験ができます。

 ・イルカのおなかを触る

 ・イルカとキスをする 

 ・イルカと握手をする

この他にもイルカと手をつないでダンスをしたり、ハグ&キス、そして餌をあげたりしました。


指導イルカとハグ・・・だけど少しだけ目も泳いでます!!
ひょっとして、ちょっとだけ引き気味??(*_*)員からイルカとのちょっとした会話方法の説明を受ける
といよいよ約10分間のイルカとの触れ合い。


フロリダ半島の東88km沖から南東にかけて、海からわずかに顔を出した島々が点々と連なっています。
その距離800km。全部で723の島と2500近い岩礁からなるバハマ諸島。バハマという名前はスペイ
ン語が由来です。

バハマ諸島の95%は無人島で、人の住む島は30ほどしかなく、その首都が、ニュー・プロビデンス島
のナッソーです。

バハマは1973年に独立、それまではイギリスの植民地だったため、町は今なおイギリスの面影を濃く
残し、パステルカラーのアンティークな家が建ち並びます。

初めてこの地を訪れたコロンブスは「これこそこの世最大の美である」と称え、ジョージ・ワシントンは1年
中穏やかで快適な気候を「永遠の6月」といって愛しました。
カリブのビーチ。多くの人が海水浴を楽しんでいます♪


「エメラルドグリーンのバハマの海」は、透き通って美しく、琥珀色の混じった神秘的な色合いをも見せて
くれます☆

地平線に並んだ太陽とその光…
幻想的なエネルギーを感じます*^^*


【2011年2月8日】プライベートアイランド『キャスタウェイ・ケイ』に寄港。船から直接島へ上陸できます。
島全体は、キャスタウェイ伝説にのっとった、楽しい仕掛けがあり、探検家の気分で楽しいカリブ海が満喫
できます!


マリンブルーの海とどこまでも続く白い砂浜のトロピカルな世界! ...
ハンモックでお昼寝したり プカプカとビーチに浮かんだり...
贅沢きわまりない時間を過ごします。


キャスタウェイ・ケイ (Castaway Cay) は、北緯26度05分 西経77度2分バハマ諸島の島。

ディズニー・クルーズの出航地はアメリカ合衆国ですが、キャスタウェイケイはバハマに所属するため、
一応出入国手続きも必要です。キャスタウェイとは難波船という意味で、巨大な白鯨を追っていた海洋
探検船が、ある日嵐で難破して、この島にたどり着いたら、あまりにもすばらしい島だったので、何年も
暮らし続けた」というお話を、1つの島まるごと再現した夢の島です。

トロピカルな服装のチップとデールに遭遇したので、記念撮影!


カリブの海でプカプカゆらゆら!
浮かんで空を眺めてぼ~っとする幸せ。
美しい海と白い海岸、南国の花が咲いている美しい島での一日...


澄み切った青空、
輝く太陽…
サイクリングで島を走れば、
所々にかわいいオブジェが置いてあります。

ゆっくりとサイクリングすること10分ほどで展望台に到着。 ...


いいよ下船も間近…
ディズニーの魔法に包まれて楽しくうれしい夢のような休日が消えないことを強く心に願う。

船の上の空間という事を忘れてしまうような演出の数々・・・そこは日常を忘れる、特別な時間
がゆっくりと流れている本当にステキな場所でした。

ごはんも大満足!!そして全てのクルーのホスピタリティー精神もすごい。

テーブルを担当してくれたクルーとの記念撮影。
知らないうちにうしろからお皿でミッキーの耳!?

ディズニークルーズラインは、いつかまたきっと戻ってこようという気持ちにさせるとっておきの
場所になりました☆彡


ひとつひとつの出来事が魔法にかけられたような11日間。
WDWとクルーズがくれた日々のハピネスが飛行機の悪夢をすべてかき消してくれて、ほんとう
に『Dream』がいっぱいの旅でした☆彡
[PR]
by season-bridal | 2011-03-17 22:17 | 新婚旅行
<< 「冒険」と「探検」の違い H夫妻 ディズニークルーズ&デ... >>