<   2010年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧
都会のオアシス
f0228112_8371570.jpg

       狭くて暗い空間が苦手です。
       なんとなく息が詰まる感じで・・・


       ほんとにたまには非日常体験したくなります。
       それでも、「おこもり個室」などというモノはもうひとつピンときません。


       海外リゾート気分なお店はちょっとソソります!


       そういえば、新聞にプールやフィットネスルーム完備のIT企業の
       ことが載ってました。


       アフリカのヨハネスブルグにある旅行会社のオフィスは吹き抜け
       でロッククライミングができたり、子供を預ける施設がありました。       
  

       夕日に照らされた25メートルプール。
       窓越しに東京タワー。
       いいな~。


       がんばろう。日常どっぷりからいつか抜けだそう!(笑)
[PR]
by season-bridal | 2010-10-31 10:53 | 日々
リッチなココロ
f0228112_828434.jpg

      リッチとは何でしょう。
      ふつうはお金持ちのことをそういいます。


      それでは、リッチなココロとは?


      それはたとえ本当はリッチじゃなくっても、
      リッチな心持ちでいるということ。


      ほんのささいなことでも、
      これって贅沢だなあ、と自分で思えたらそれで十分
      リッチである。

      旅をしていてリッチなココロになるためには・・・
      とにかくやろうと思えばやれることがいっぱいあること
      ではないだろうか。


      そして、やろうと思えばやれることが、
      自分たちの気分で選べるということ。


      つまり、何もすることがないのはリッチではなくて、
      いろいとやれることはあるんだけど・・・


      でも、今日はここにいて
      何もせずただぼんやりしていようというのは、

      これは、相当にリッチなことだと思います。

      http://www.youtube.com/watch?v=vjlrZxxSt5I
[PR]
by season-bridal | 2010-10-30 08:18 | 新婚旅行
パクリ天国
f0228112_6432828.jpg

      今はどうなってるんでしょう?
      パクリディズニーランドとして脚光を浴び、パクリの聖地として今や世界的に
      有名になってしまった「石景山遊楽園」。


      貧相なディズニーキャラ、
      ドラエモンもしょぼい。    


      最近、すべてのパクリキャラクターを自主的に撤去したという報道を見たが
      まだまだ、偽物が国中にあふれている。
      アニメキャラクターやブランド品の容赦のない模倣、     


      パクリ摘発の旅なんかも楽しいかも
      上海ディズニーランドは2014年に開業するらしいけど、
      いまさら本物って必要?
      
[PR]
by season-bridal | 2010-10-29 07:36 | 日々
独占契約
f0228112_11243543.jpg

      ハワイ挙式は自然がいっぱい!
      開放的でとても素晴らしいが、
      その運営は、必ずしもすべてが開放的であるとは言い難い。


      例えば、公共の場所のはずの教会もウエディングに関し、
      特定の業者と契約を結んでいるところも多い。


      どういった会社と教会が独占契約を結ぶかといえば、
      例えば、衣装屋さんであったり、プロデュース(P会社)であったり、
      ビデオ屋さんであったりと色々である。


      開放的でなければどうしていけないかと言うと、
      独占契約を結んでしまった教会で式を挙げると、衣装やビデオなど
      のすべてのオプションをその会社から買わなくてはならないから・・


      つまり価格や内容についての選択の自由を奪われてしまうことに
      なる。

 
      結婚式は個人的な行事。
      基本的に、誰にとっても1度きり、
      だから、ノウハウが蓄積されにくい。


      過去の失敗を次に生かし
      「その手にはのらないよ」とは言いにくいのである。
[PR]
by season-bridal | 2010-10-28 00:37 | プロデュース
K夫妻バリ5日間【2010年10月17日~10月21日】
f0228112_21553361.jpg

        シンガポール航空で福岡から、バリに着いたら「あっという間に」入国
        手続き完了!!VIPサービスでスイスイ入国。
        宿泊はスミニャックのBvilla+spa。プール付のヴィラで朝食。
        メイドさんが毎朝来てヴィラのキッチンで作ってくれます。          
f0228112_21555187.jpg

        ヴィラから歩いてすぐのスミニャックの街が気に入った。
        どの店もおしゃれで楽しい。
        天気にも恵まれた!!
        ふたりして完全にバリに嵌った。
f0228112_21561268.jpg

       じゅらんじゃらん(インドネシア語で「散歩」)
       口笛でも吹きたくなる♪
f0228112_21563545.jpg

        バリごはんはおいしい!!
        バビグリン、ナシゴレン、ナシチャンプル♪
f0228112_21565921.jpg

        ロマンチックディナーとはいえ・・こんなにロマンチックでいいの?
        ふたりだけの為にビーチにセットされたテーブル
        想像をはるかに超えた感動
        サンセットだってヤバすぎる(笑)
f0228112_23244425.jpg
                         
f0228112_21581412.jpg

        最後に泊まったジンバランのオンザビーチヴィラ
        「プリバリ」がまた凄かった。
        最終日の朝食もヴィラで・・・
        味も抜群においしかった。
f0228112_22393772.jpg

        想像をはるかにはるかに超えた旅行だった!
        あと一日・・・。
        いや、いっそ帰りたくなかった。
        また、絶対に来たいと思った。
        
[PR]
by season-bridal | 2010-10-27 09:42 | お客様の声(新婚旅行)
ハネムーンやり直してください!
f0228112_2383591.jpg

         欧米のベッドはダブルベッドが基本です。
         日本では、新婚時代にダブルベッドで寝ていたカップルも、
         いつのまにか別々のベッドで寝ることがあたりまえになるのが普通です。


         二人部屋というのは、ベッドが二つあるツインベッドルームのこと。
         私たちは、そういった固定観念を持っています。


         団体ツアーの場合、困るのは日本人のご夫婦にダブルベッドの部屋
         があてがわれてしまうことです。
         

         私たち添乗員は、ホテル側とできるだけ交渉し、
         不公平がないように神経を使いました。


         ハワイの団体旅行、
         私のグループ10部屋の内、なんと4部屋もがダブルベッドでした!


        「やばい、どうしよう?」という私の様子を見て取って、
         現地係員だった男性が、うちのお客さんへの説明を買って出てくれました。


         その時の彼の言葉は感動的でした!


         「みなさ~ん!!お待たせしました。これからお部屋のカギをお渡しします。
         ハワイはハネムーンリゾート、今回皆さんは20名様(10部屋)の中に当たりが入って
         いますよ~。もし、お部屋に入られてベッドがダブルベッドになっていたら~あたり。
         もう一度ハネムーンをやり直してくださいね~


         私はすかさずみんなの表情を見た。


         不思議だったが、困惑している表情の人は皆無・・・
         むしろ期待感すら抱き
         ダブルベッドの当たりをひこうと気がまえているようにも見えた!


         これは私にとって、驚愕の出来事だった。
         まさに目からウロコが何枚も何枚も落ちた瞬間であった。


         すごい!!すべてが丸く収まった。
         これって詭弁?でも、まったくモノは云いようなんだ!!
[PR]
by season-bridal | 2010-10-26 07:59 | ツアコン昔話
ショッピングもレジャーです
f0228112_21181916.jpg

       鹿児島に3年住んでました。
       鹿児島のショッピングセンター(SC)では、毎年夏になると、
       甲子園の高校野球を大型テレビで放送していました。


       家族で車でSCにやって来ます。
       お父さんは日中テレビの前、
       お母さんは洋服や雑貨などを丹念に買い回り、
       子供たちはおもちゃやゲームコーナーで過ごします。


       暑い鹿児島の夏に、
       涼しいSCでまるまる一日家族で過ごして、
       帰りには食料品を買って家路につきます。
       これって立派なレジャーです!
       海外に来たからといいい、美術館やお城ばかり回っている人も多いのですが、
       スーパーや市場で過ごせば、相当に楽しい時間になります。
[PR]
by season-bridal | 2010-10-25 08:08 | 日々
ツーリスト・トラップ
f0228112_8333668.jpg

           ハニートラップという言葉を時々新聞で見かける。
           ハニートラップとは、女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用
           して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する
            諜報活動。


           甘い罠
           ルパンの峰不二子みたいなものですかね。


           それでは、ツーリスト・トラップという言葉はご存じだろうか?
           観光地にあるお土産屋だったりレストランだったり。
           いわゆる旅行者をカモにする不届きなお店をさす。


           あの地区、あの店は、観光地化されてるともいう。
            地元の人はダマされない。


           例えば出張で博多に来て、中洲の屋台やラーメン店、どこが良い店
           なのか判別はつくだろうか?


           広告やガイドブックも有名な店を教えてくれても、本当に安心して行け
           る店を教えてくれるかは疑問である。


           WEBで口コミを調べるという方法もある
           これも、或る程度参考にはなる。


           フラっと旅に出て、たまたま立ち寄った店が意外とアタリだった
           などという人もいるが、
           そういった人はそこで、自分の運をあらかた使いきっていて、
           きっと次は失敗する(笑)


           ノープランはツーリスト・トラップの餌食になる。
           だけど、自分で選んでの失敗なら受け入れ易い。
           
[PR]
by season-bridal | 2010-10-24 10:16 | 日々
辛酸なめ男
f0228112_1447462.gif

      海外のゴルフは基本楽しい。
      ・・・しかし、


       これまで数度となく憂鬱な体験を味わってきた。
       初の海外ラウンドでニューボールを7つなくしたことを皮切りに、



       池があれば、ほぼ100%の確率で池にボールを打ち込み、
       まだ、100mはあるぞという距離なのに、
       一緒に回ったお客からは、
       「はい、OK!!」といわれボールを返してもらったり・・・。


       VIP客のカートに、
       自分のカートを後ろからおもいっきりぶつけたこともある。


       絶対にヘッドアップしないようにと、
       会心の当たりをした打球は、
       はるか前方でラウンドをしている外人の頭をかすめて飛び、

   
       「Hey You!!!!!!!」とののしられたり・・・・・
       まったくトホホな思い出ばかり。


       だが、海に向かってティーショットしたり、
       カートを自由に乗りこなしたり、
       目に染み入るようなグリーンが鮮やかで、
       気分は最高なので・・・


       いつかまたやりたいっす!
      






      
[PR]
by season-bridal | 2010-10-23 10:37 | ツアコン昔話
パーティーピープル
f0228112_14262591.jpg

         パーティーピープルとは、パーティーが好きな人

 
        初対面でもいきなり意気投合し 話はいきなり本題に入る


       欧米人や様々な人種が目立つパーティに参加させてもらったが、
       日本人の様に初対面だからと誰かれなく名刺を配ったり、
       頭を下げる人なんかいない・・・


       名刺は中指と人指指の間に軽くはさみ
       「ホレ・・・」と渡す。        


        めちゃくちゃセレブな人と、
        そうでもない、ろくでもない人間が、
        どうでも良い話題で盛り上がる


        私たち日本人がなろうとしてなれない人種
        それがパーティピープル。
[PR]
by season-bridal | 2010-10-22 09:00 | 日々