<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Bvilla+spaで過ごすバリ新婚旅行

f0228112_1818596.jpg

スタイリッシュでシンプル&モダンなヴィラです。
ひと目で泊ってみたいと思いました!!
白をベースにオレンジやモカブラウン、モスグリーンが落ち着く客室が13棟。
すべてのお部屋に大きなプライベートプール(8×5メートル、深さ最大1.8メートル)と、オープンなつくり
のリビング(キッチン付)。 ウルワツあたりの、隔絶された絶景リゾートで二人だけの世界に浸るのもいい
のですが・・・。 スミニャックというこのエリアは、ビーチにも近く、さまざまな種類のブティック、ギャラリー、
おいしいレストラン、流行のカフェ、そしてありとあらゆるバーやナイトクラブなどもあり、いわゆる「つぶし
が利く」
そんな場所です。

f0228112_18142476.jpg

1寝室6棟、2寝室4棟、3寝室が3棟。 標準クラスの1ベッドルームでも225平方メートルあります。
ハワイのオンザビーチホテルの平均的な客室の5倍もの広さです!! また、外ごはんもいいのですが、
スーパーで食材を買い込み部屋のキッチンで軽く調理して二人で食べるのもアリですね。

宿泊料金は、1ベッドルーム$310(ローシーズン)、 $340 (ハイシーズン)
いかがでしょう! リーズナブルだと思いませんか?
※ 21%の税金とサービス料が加算されます。

f0228112_18203287.jpg

リビングやベッドルームの明るい色調と対照的に、バスルームは白×グレー×黒のシックな空間。
どこまでも清潔でシックな印象が、大人のふたりの旅にもふさわしい癒しを与えてくれます。

f0228112_18213182.jpg

朝食は前日に作ってほしい時間と、アメリカンブレックファストもしくはインドネシア料理をセレクトすれば、
メイドさんがお部屋で調理してくれます。 歩いて10分ほどのところに人気レストランがずらりと軒を連ねる
ベロイ通りもありますし、気に入ったレストランのメニューを部屋にお取り寄せも可能です。

ハネムーンなどスペシャルな食事を演出するならば、“ロマンティック・ディナー”はいかがでしょう?
人気イタリアンレストランからシェフを招き、なんと自室で調理してもらえます。 プールの周囲に
はぐるりとキャンドルライトが灯され、幻想的な一夜になりそうです。

こんな超セレブ風な過ごし方もこのヴィラなら叶います!

ビーヴィラ+スパbvilla+Spa
TEL<62>(361)736-826
FAX<62>(361)734-740
空港から車で約30分
#3 Jl. Braban, Seminyak, Bali
[PR]
by season-bridal | 2010-06-29 19:34 | 新婚旅行
五感を満たす高波レストラン
f0228112_78335.jpg

スミニャックにあるちょっとおしゃれな人たちが集まるというレストラン「ku de Ta(クーデター)」へ。
「欧米人が想像する最高の贅沢を提供する」がコンセプトのこの店はひときわスタイリッシュ。

f0228112_7101487.jpg

赤いパラソルに特大サイズのビーチチェア,
お酒を飲みながら波の音を聞く贅沢な時間。

高波が迫ってきます。
「こわい」ほどドラマチックです。
ちょい悪オヤジとカップルご用達。

f0228112_7133391.jpg

f0228112_7134890.jpg

一人で行く店ではありませんね。(笑)
でも、ご飯はおいしかったです。
スタッフも気が利いてて、感じがとても良かったです。
[PR]
by season-bridal | 2010-06-28 07:23 | レストラン
ブルガリ リゾート・バリ(バリ)
f0228112_6552498.jpg

2006年に誕生した「ブルガリ リゾート・バリ」。
ほとんどのヴィラ(54戸)は、なんと300平方メートルの広さ!それぞれにプライベートプールを持ち、
ベッドルーム、リビング、ダイニングからなります。施設には大型のスパ、プライベートビーチ、レストラン、
ライブラリー、複数のミーティングルーム、そしてブルガリショップがあります。

f0228112_6565530.jpg

f0228112_6571091.jpg

到着したのが遅かったせいか、ヴィラは静寂に包まれてて、あまり良く見えませんでした。
カートで案内してもらっている途中に、イタリアンレストランに向かう熟年の日本人カップルと台湾人のハネムーナーと出会いました。
[PR]
by season-bridal | 2010-06-28 07:02 | ホテル
アリラ・ヴィラズ・ウルワツ(バリ)
f0228112_6193547.jpg

サンスクリット語で「驚き」を意味する「アリラ」。
バリ島の南端にあるバドゥン半島のウルワツの石灰岩の落差80mの断崖絶壁の台地にあり、
各ヴィラやレストランからは壮大なインド洋の眺めが広がります。

f0228112_6234277.jpg

客室はすべてヴィラタイプ。1ベッドルームが56棟、クリフサイド3ベッドルームが5棟、そしてレジデンス
からなります。デザインは洗練が香るコンテンポラリーなテイストと、バリ島ならではの伝統のみごとな融合で、まさに「洗練された大人のリゾート」。

f0228112_6265174.jpg

ヒルトップの絶景ロケーションで、ゲストひとりひとりに合ったアリラ・ヴィラズの究極のホスピタリティを体験
されてはいかがでしょうか。
[PR]
by season-bridal | 2010-06-28 06:34 | ホテル
Banyan Tree Ungasan (バリ)
f0228112_23102924.jpg

今回のインスペクションで最も印象的だったウルワツの最新のバニヤンツリー。
海面より70mの丘の上に位置し、インド洋が一望の絶景ロケーション。

f0228112_23131431.jpg

広くおしゃれな客室。
全ての部屋が海に面した、全棟プライベートプール付きヴィラ。

f0228112_23134741.jpg

f0228112_23201772.jpg

これが度肝を抜かれたクールなレストラン!!!
[PR]
by season-bridal | 2010-06-27 23:21 | ホテル
アナンタラ・バリ・ビーチフロント(バリ)
f0228112_22431788.jpg

アナンタラ・バリ・リゾートはスミニャックのビーチフロントにあります。
3,500㎡の敷地に約80㎡の広さのスイートルームが59部屋。
ハワイのビーチフロントにあるホテルの倍の広さです。

f0228112_22463356.jpg

部屋のプライベートバルコニーにはなんとバスルームが。
雄大な夕日を観ながらジャグジーも楽しめます。

f0228112_22492071.jpg

粋なカエル!!
[PR]
by season-bridal | 2010-06-27 22:50 | ホテル
セントーサ・プライベート・ヴィラズ&スパ(バリ)
f0228112_2223910.jpg

オープン前から世界中の旅行誌がこぞって取り上げた噂のヴィラ。
一流のリゾート・デザインで知られるグランズ・ケント氏によるデザイン。
ビーチからは少し離れているが、ヴィラ内でふたりだけの時間を。
32棟のうちに各部屋にプライベートプール、リヴィング&ダイニング付。

3ベッドルーム 27棟
4ベッドルーム  2棟
5ベッドルーム  2棟

f0228112_22273965.jpg

扉を開けると、目の前に広がるプール!
インテリアはシャープでリッチな印象。
セントーサとはインドネシア語で「平穏」。
[PR]
by season-bridal | 2010-06-27 22:33 | ホテル
THE LEGIAN(バリ)
f0228112_21494438.jpg

アマンリゾートが手がけた71室のスモールホテル。
全室スイートの都会的な老舗ブティックホテル。

f0228112_21461215.jpg

ビーチフロントのロケーション。
バリの伝統と近代的なデザインとが融合した建物。
ビーチから聞こえてくる絶え間ない波の音に包まれながら過ごせる穏やかな時間。
[PR]
by season-bridal | 2010-06-27 21:59 | ホテル
THE KAYANA(バリ)
f0228112_21334281.jpg

スミニャック地区に2007年オープンのザ・カヤナ。
全24室がヴィラタイプで、1室が2ベッドルーム。
ムダのないシャープなデザインです。

TEL+62-361-847-6628
デラックスヴィラUS$250~
プールヴィラUS$300~
2ベッドルームヴィラUS$375~
(21%税サ別、ハイシーズンはUS$50++を加算)

f0228112_21372257.jpg

メインのプールはレストランのすぐ前。
メインプール近くにあるアユール・スパもおすすめ。
[PR]
by season-bridal | 2010-06-27 21:42 | ホテル
A夫妻 ローマ・ベニス・パリ9日間
f0228112_14455698.jpg


【日程】:2010年5月9日~17日
【行き先】:イタリア・フランス(ローマ・ベニス・パリ)
【形態】:新婚旅行(個人旅行/受注型企画旅行)
【質問】
Q : 今回の旅行は全体としていかがでしたか?  
A : ツアーじゃなくて個人行動がメインだったので、ハラハラとワクワクが半々でした。
   でも、見たいところはほぼ全部回れましたし、自分たちの好きな事を自分たちのペ
   ースで出来たのでとても満足してます。

Q : どういった点が最も印象に残っていますか?
A : 日本とはまったく違う文化(ご飯、町並み、常識(トイレが有料とか)などなど)に
    触れられたことは、とても印象的でした。
    また、寝台列車に乗った際、同室の老夫婦と片言の英語で会話したことが
    とても楽しく、記憶に残っております。

Q : 思い出に残った場所、また素敵だった景色はどこですか?
A : フランス・パリでのセーヌ川ディナークルーズ「バトームッシュ」が
    一番思い出に残っております。船上の雰囲気もとてもよく、外に見える
    景色もすばらしく、ご飯もとってもおいしかったです。自分たちがセレブに
    なった気がしました(笑)。
    また、素敵だった景色は、高いところから眺めた景色たちで、具体的には
    サンマルコ寺院横のクーポラから望む景色、ヴィットリアーノの屋上からの
    ローマの眺め、凱旋門の上から見たパリの眺め(シャンゼリゼ通りなど)が
    良かったです。
    やはり、ヨーロッパは日本と全然建物などの雰囲気が違うので、新鮮でした。 

Q : その他良かった場所はどこでしょうか?
A : カプリ島で青の洞窟には残念ながらいけませんでしたが、
    その分山の上の方までバスで上って行った際に見た景色が
    とてもよかったです。なんか、映画「アマルフィ」に出てくるみたいでした。

Q : 現地で起こったトラブルや困ったことについて教えてください。
A : 困ったことについて、以下に箇条書きします。
   ・ローマに着いたときに、タクシーの運転手となかなか出会えなかった
   ・最初のホテルで、部屋番号を間違えて教えられ、部屋に入れなかった。
    なんとか片言の英語でフロントの人と会話して正しい部屋番号を
    教えてもらい、解決。
   ・タクシー乗り場のないところで、タクシーを捕まえられなかった
    (バトームッシュの帰り)
   ・ユーロスターで荷物置き場が少なすぎて、おき場所に困った。
    (何とか上の網棚においたが、もっと大きなスーツケースだったら大変だったと思う。)
   ・ヴェネチアで突然の大雨(たらいをひっくり返したかのよう)にあって、
    全身びしょぬれになってしまった。
   ・日本での話しだが、帰りの便で、成田で6時間待ちがあったのは、飛行機の
    便の都合とはいえつらかった。

Q : 現地で一番 おいしかったものは何ですか?
A : イタリアンジェラート、バトームッシュのディナー

Q : パッケージツアーでなく個人旅行にして良かった点をお聞かせください。
A : ところどころ、現地ツアーを使用したので、どちらもある程度経験できましたが
    比較すると、個人旅行のほうが時間の使い方が自由だということと、
    プライベートがあると言うところが大きなメリットだと思います。
    (英語なんかは、片言で十分だし、ガイドブックを持っているなら万全です)
    ただ、全部個人旅行にすると、移動が大変すぎて疲れがたまると思うので、
    現地ツアーを少々使い、移動の時間に休憩できたと言う面では、ツアーを
    織り交ぜるタイプがベストのように思いました。

*全体についての感想

  旅行の全工程を通し、シーズンさんの組んでくれたプラン通りに回りましたが、
  とてもいいところを紹介してくれていたので、楽しく満足のいく旅行だったと思います。
  個人旅行といっても、必要なチケット(ホテルや電車、博物館チケットなど)は
  ほぼ事前にとってもらえていたので、なんかテレビ番組のような、
  指令に従って探検していくみたいな感覚で海外を回れたのでとても楽しかったです。 
f0228112_1448434.jpg


f0228112_14484633.jpg


f0228112_15102472.jpg

f0228112_14503453.jpg


f0228112_14505541.jpg


[PR]
by season-bridal | 2010-06-27 14:30 | お客様の声(新婚旅行)